不動産の金額はいつ上がるか分からない?

不動産も商品には違いありませんから、その値段にも上がり下がりというものがあります。

というのも、商品の値段というものは、同じ商品であっても常に一定ではなく、物価変動その他の要因によって常に変動するものだからです。

この価格変動の大きな要因のひとつに、タイミングというものがあります。

これは、その売り手や買い手にとっては、時期と呼ばれているものであり、このために「時期を逃さず」ということがよく言われるわけなのです。

すなわち、「時期を逃さず」に売ることができるか、あるいは買うことができるかということで、取引に成功するか失敗してしまうか、という分かれ目になってしまうわけで、このことからも、売買取引というものには、この時期というものがいかに重要であるのか、ということがわかるわけです。

では、不動産売却時、値段が上がる時期下がる時期というものは、どんな仕組みで決まってくるのでしょうか。
土地や建物である不動産の価格というものは、住居である建物の場合には、資産価値という要素も加わってくるものの、基本的にはその使用価値というものが、その価格決定の最大の要因となっています。

従って、この使用価値というものの評価が、その時期によって変動してしまうことで、それに比例してその価格評価も変動することになるために、同じ不動産がある時には高値となり、またある時には安値となる、といった価格の変動が発生するのです。

この使用価値の高低を決める要因は様々なので、何が高値となる要因で、何が安値となる要因であるとは、一概には言えません。

しかし、その要因の変動によって、同じ不動産の価格が高値となり安値となる、という法則自体に変わりはありませんから、その要因そのものはわからずとも、その変動の動きを常に見据えて、その変化の時期を見逃さないことが、有利に不動産取引を行うための秘訣なのです。

不動産の査定方法.com

不動産の金額はいつ上がるか分からない?